映像画日記

絵と映画と読書 の記録

『座頭市喧嘩旅』

 

座頭市喧嘩旅 [DVD]

座頭市喧嘩旅 [DVD]

 

 

一人や二人は面倒だ! 束で来るなら相手になろう! 音と匂いの喧嘩旅


江戸の豪商の娘・お美津はお屋敷勤めの身だったが、若殿に手篭めにされそうになって逃げ、藩士たちに追われていた。
機知を働かせて彼女を救った市は江戸まで彼女を送り届けることに。
仕込み杖を抱えた盲目のやくざ、市をどうしても信用できないお美津は市の元から離れるが、江戸へ送り届けてお美津の家から搾り取ろうと企む駕籠留の囚われの身となってしまう。
単身、駕篭留の元へ乗り込んだ市は彼女を取り戻すが…。

【映像特典】●劇場予告篇 ●スタッフ・キャスト解説 ●フォトギャラリー

監督:安田公義 原作:子母沢寛 脚本:犬塚稔

共演:藤村志保 島田竜三 藤原礼子 丹羽又三郎 吉田義夫

1963年/日本/本編88分/カラー/片面1層/日本語Dolby Digital モノラル/16:9(スコープサイズ)

 

勝新太郎主演の傑作時代劇シリーズ第5弾。若殿に手篭めにされそうになって逃げていたお屋敷勤めのお美津という娘を助けた市は、江戸まで送ることに。だが、お美津は市のことを信用できず…。“大映75周年記念 大映 THE BEST 名作シリーズ31作品”。

 

 

 

 

マイブームの澤村宗之助 (2代目)が。やはり悪い役だ。てか伊藤雄之助の兄貴なのか。

 

 

初代澤村宗之助の長男として生まれる。弟は俳優の伊藤雄之助と初代澤村昌之助(伊藤敞之肋、澤村敞之肋、伊藤寿章)。

1922年帝国劇場で初舞台。1924年帝劇で二代目を襲名。1934年に弟二人と共に東宝劇団に参加。1954年に東宝と契約して映画の脇役専門となり多くの映画に出演した。

1978年11月3日午後2時40分、尿崩症の為、兵庫県尼崎市南塚口町にある兵庫県立塚口病院で死亡(享年60歳)[1]

 

映画

テレビドラマ