映像画日記

絵と映画と読書 の記録

『殺し屋人別帳』

殺し屋人別帳 [DVD]

 

監督

キャスト

 

 

解説

江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」の石井輝男掛札昌裕が脚本を共同執筆し、石井が監督した“人別帳シリーズ”第一作。撮影は「日本女侠伝 真赤な度胸花」の古谷伸。

ストーリー

浦波興業会頭・浦波は殺し屋の黒岩と宇野木に金を積んで組長を消し、北九州一帯の組を傘下に修めた。目的を達した浦波は用済みの二人を消そうとして逆に射殺された。強欲な黒岩は相棒の宇野木をも殺し、浦波の縄張りを手中におさめ黒岩組と改称した。流れ者の真一が長崎に現われたのは、黒岩組が竜神一家を潰そうとこの地に乗り込んで来たおりだった。ある日、真一は長崎港の岸壁で車に接触して転倒した松葉杖の娘ナオミを介抱した。この光景に感動した黒岩の娘ミッチーの世話で、真一は黒岩組の客分になった。鉄が組に草鞋を脱いだのもその頃だった。やがて、黒岩は竜神一家の荷上げ作業妨害作戦に出た。苦境に立つ竜神統一は、その暴挙を責め、黒岩は一切を賽の目で勝負をしようと持ちかけた。統一は勝負に敗けた。統一の妻久美は、自分の体を賭けて夫を黒岩に挑戦させた。統一は勝負に勝ったものの、彼のために細工をした壷振りの美枝は竜神一家の木口とともに斬殺されてしまった。ナオミも現場を目撃したことから黒岩組に捕われたが、彼女の面倒をみていた寅さんこと八人殺しの鬼寅の機転で助けられた。黒岩は事の決着を急ぎ、竜神一家に喧嘩状を叩きつけ、凄絶な死闘が始った。

 

 

渡瀬恒彦の主演デビュー作。とはいえ、周りの出演者たちが濃すぎて、かなり辛い状況に。なにしろ田崎潤(艦長)、(風車の)中谷一郎佐藤允(サル顔)の3人は岡本喜八の「戦国野郎」などでのベストコンビ。それに、嵐寛寿郎伊吹吾郎小池朝雄由利徹などなど、主役なんか屁でもない、スキあらば俺が目立ってやるという人ばかりですからね。さぞ、渡瀬恒彦にとってはやりにくい現場だったんだろうなあ。ホント、同情します。だいたい、新人はもう少し大事にしてやらないと。

見所は満載、というかもうお腹一杯だよ、というくらいコテコテのゴテゴテ。

 

blog.goo.ne.jp