読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映像画日記

絵と映画と読書 の記録

『皇帝のいない八月』

 

あの頃映画 「皇帝のいない八月」 [DVD]

あの頃映画 「皇帝のいない八月」 [DVD]

 

 

f:id:mutekityouzin:20170412212240j:plain

Amazonレビュー

   自衛隊元将校の藤崎(渡瀬恒彦)らが博多発東京行のブルートレインさくら号を占拠。大規模なクーデター勃発を危惧する政府は、ただちに事態の収拾に乗り出すが…。もし現代の自衛隊がクーデターを起こしたら? という想定の下で記された小林久三の同名小説を原作に名匠・山本薩夫監督がオールスター・キャストで描くポリティカル・サスペンス超大作。列車内では緊迫した状況下で藤崎とその妻(吉永小百合)、そして彼女のかつての恋人(山本圭)による三角関係の因縁劇が進められていくが、やはり圧倒的におもしろいのは政府側の描写であり、反体制的立場を一貫して貫く山本監督の面目躍如といった政治家という名の巨悪によるドロドロの駆け引きがエネルギッシュに描出されている。なお「皇帝のいない八月」とはクーデター計画の暗号名で、同名レコードから採ったという設定から、音楽担当の佐藤勝はまず架空の同名クラシック組曲を構築し、それを元にさまざまな劇中曲を奏で上げながら、作品のサスペンスを否応なく高めてくれている。(増當竜也

広告を非表示にする