映像画日記

絵と映画と読書 の記録

『インサイド・ヘッド』

 

 

cinema.ne.jp

広告を非表示にする

『コミック斬 10 (GW MOOK 349)』『新 影の軍団 伊賀vs甲賀vs風魔』

 

コミック斬 10 (GW MOOK 349)

コミック斬 10 (GW MOOK 349)

 

 

広告を非表示にする

『カジノ』

 

カジノ [Blu-ray]

カジノ [Blu-ray]

 

 

この映画は、ニコラス・ピレッジのノンフィクション書籍に基づいており、大部分事実・実話に基づいている。本作と同じくスコセッシ監督、デ・ニーロ及びペシ出演、ピレッジ原作で映画化された1990年作『グッドフェローズ』の成功を受けて製作されたスコセッシの「モブ・マフィアもの」第2弾という位置づけである。

今回モデルになった人物は、フランク・"レフティ"・ローゼンタールFrank Rosenthal、以下"レフティ"、映画では"エース")。レフティはベガスに来る以前には故郷のシカゴで有名なノミ屋だったが、シカゴ、マイアミを経て1960年代末にベガスに移り住み、友人の紹介で北ストリップ地区を代表するカジノ「スターダスト」での仕事に就く。「スターダスト」はトラック運転手組合の委員長ジミー・ホッファが握る年金基金6200万ドルの融資を受けたアレン・グリックが経営した4軒のカジノのうちのひとつ。レフティは、物語同様実質的なボスの座に就いていたが、犯罪歴のあるレフティにはカジノ経営のライセンス発給を受ける事が困難であった為、雇われ社長としてアレン・グリック(映画ではフィリップ・グリーン)が社長を務める名目となっていた。

シャロン・ストーンが演じるジンジャーもジェリー・マクギー(Geraldine McGee)という実在する人物で、ベガスの古豪カジノ「トロピカーナ」でレフティと出会いシーザースパレスで結婚式を挙げる。

やがてカジノを任されるようになったレフティは出世をし、シカゴ時代からの幼馴染のアンソニー・"トニー"・スピロトロ(Anthony Spilotro、映画の中でのニッキー・サントロ)はレフティの出世に刺激されてベガスに移り住み、レフティの築いた地上の楽園を崩壊へと導いてしまう。

映画の中で何度か描かれているデ・ニーロが乗ったキャデラックが爆破されるシーンは実際にあった出来事で、レフティ自身奇跡的に助かった。ニッキーとドミニクのサントロ兄弟の殺害シーンは、実際のスピロトロ兄弟の殺害事件を基にしている。アンソニー・スピロトロと弟マイケルは、1986年6月14日インディアナ州ジョゼフ・アイウッパ(映画の中でのリモ・ガッジ)が所有していたハンティングロッジへ呼び出され、バットで殴打された挙句にトウモロコシ畑に生き埋めにされ殺害された。

逸話[編集]

  • ニッキーを演じたジョー・ペシはモデルになったトニー・スピロトロと偶然にも体格が酷似しており(ペシは身長158cm、スピロトロは157cm)、関係者の中には本人と間違えてしまう者も出るほどだった。
  • 映画のエンディングテーマは物語のモデルになったカジノ「スターダスト」と同じホーギー・カーマイケルの"STARDUST"である。
  • 原著者・脚本家のニコラス・ピレッジはレフティに取材を申し込んだが当初は拒否される。後に映画化するにあたり、デ・ニーロが主演すると発表されるとレフティは喜んで取材を受け入れた。
  • 劇中の一連の出来事の後、レフティはベガスから追放されたが、後に本人曰く「変装して何度か行った」と告白している。
  • 映画の撮影に使われたカジノ「リビエラ」はモデルになったレフティの勤めていた「スターダスト」の向かい側に位置し、映画の中では「タンジール」という架空の名前になっている。
  • 劇中に登場する日本人ギャンブラーK・K・イチカは、山梨県の不動産業兼貸金業『柏木商事』社長・柏木昭男がモデル。やくざ顔負けの荒っぽい手法による地上げで財を成し[2]、カジノでの賭けの積極さから「戦士」と呼ばれたが、1992年1月3日に自宅兼事務所で何者かに約20カ所をメッタ刺しにされて殺害された。犯人は見つからず2007年に時効。アメリカで有名となった料理人「ノブ・マツヒサ」こと松久信幸イチカワを演じている。
  • レフティらマフィア関係者の弁護を担当したオスカー・グッドマンは、彼本人が実名で演じている。彼は1999年から2011年までラスベガスの市長を務めた。

ベガスと登場人物(本人)のその後[編集]

  • トニー・スピロトロは上記の通り、トウモロコシ畑において弟のマイケルと共に撲殺され生き埋めにされる。
  • ジェリー・マギーは薬物の過剰摂取が原因で1982年11月9日にロサンゼルスで死亡。
  • レフティは1988年に過去の些細な犯罪歴が原因でベガスから追放され、スターダストを去る。2008年死去。78歳没。
  • 「チームスター」のジミー・ホッファ会長は1975年7月30日に自宅を出たきり行方不明、1982年に死亡認定される。
  • マフィアのボスのジョゼフ・アイウッパは1986年に懲役28年の有罪判決を受け服役、89歳で出獄。1997年老衰で死去。
  • 「スターダスト」ホテル&カジノは2006年に営業停止、2007年3月に爆破解体。現在はスターダストを運営していたBOYD Gaming社が再開発プロジェクト「エシュロン・プレイス」を建設中だが、不況の影響で建設工事が中断。当初2010年開業予定だったが、2009年度中の工事再開の見通しまでもたっていない。
  • 「カジノ」のロケが行われた「リビエラ」は2009年3月末に約400万ドルの利払いの債務不履行に陥る。破産手続きが取られながらも営業を続けたが、2015年5月に閉鎖されている。(wiki

 

広告を非表示にする

『宮本武蔵』 監督・脚本: 稲垣浩

 

宮本武蔵 DVD-BOX

宮本武蔵 DVD-BOX

 

 

宮本武蔵』(みやもとむさし、英題:Samurai I: Musashi Miyamoto )は、1954年(昭和29年)9月26日公開の日本映画である。東宝製作・配給。監督は稲垣浩、主演は三船敏郎イーストマンカラースタンダード、94分。

これまでに何度も映像化されている吉川英治の長編小説『宮本武蔵』の戦後最初の映画化作品で、『続宮本武蔵 一乗寺の決斗』(1955年)、『宮本武蔵 完結篇 決闘巌流島』(1956年)へと続く3部作の第1作である。また、東宝初のイーストマン・カラー作品でもある。配収は1億6341万円で、1954年度の邦画配収ランキング第7位となった。第28回アカデミー賞名誉賞受賞。(wik)

 

キャスト[編集]

以下はノンクレジット

作品解説[編集]

稲垣監督・三船主演による『宮本武蔵』3部作の第1作である本作は、若く未熟な武蔵(たけぞう)が侍になることを夢見て関ヶ原の戦いに参加するエピソードから、沢庵和尚の導きで武芸者として開眼し、武者修行の旅に出るまでを描いている。宿敵佐々木小次郎はまだ登場していない。

本作は『サムライ』(Samurai I: Musashi Miyamoto)の名で海外公開された。稲垣浩監督によると、「世界中の映画人が夢にまでみたアメリカのオスカー外国映画賞(原文ママ)を『サムライ』がもらったのは、まったく思いもよらぬことだった」といい、「日本の映画賞をもらったことのない私の作品が、アメリカの賞をもらうとは全くわからぬことである」とこのときの驚きをのちに語っている[3]。(wiki)

 

 

吉川英治原作の小説を、稲垣浩監督が映画化した「宮本武蔵」3部作をDVD-BOX化。「宮本武蔵」「続・宮本武蔵 一乗寺の決斗」「宮本武蔵・完結篇 決闘巌流島」の3作品を収録。

レビュー

[1]監督・脚本: 稲垣浩 原作: 吉川英治 脚本: 若尾徳平 音楽: 團伊玖麿 出演: 三船敏郎/三國連太郎/尾上九朗右衛門/岡田茉莉子/八千草薫[2]監督・脚本: 稲垣浩 原作: 吉川英治 脚本: 若尾徳平 音楽: 團伊玖麿 出演: 三船敏郎/岡田茉莉子/八千草薫/木暮実千代/水戸光子/尾上九朗右衛門/鶴田浩二[3]監督・脚本: 稲垣浩 原作: 吉川英治 脚本: 若尾徳平 音楽: 團伊玖麿 出演: 三船敏郎/八千草薫/志村喬/嵯峨三智子/岡田茉莉子/鶴田浩二
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

広告を非表示にする

『コミック斬 vol.9 (GW MOOK 329) 』『昭和の「黒幕」100人 ~「巨魁」たちの時代 』

 

コミック斬 vol.9 (GW MOOK 329)

コミック斬 vol.9 (GW MOOK 329)

 

 

 

昭和の「黒幕」100人 ?「巨魁」たちの時代

昭和の「黒幕」100人 ?「巨魁」たちの時代

 

 

広告を非表示にする

『ソーセージ・パーティー 』

 

 お子様は絶対に観ちゃダメ!
全世界興行収入1億ドル突破のお下品【R15】CGアニメ!
新たなヒーローが今たちあがる!


<ストーリー>
食材たちは選ばれ、買われることを夢見て毎日陳列されている。
きっと外の世界は「楽園」に違いないと。
ソーセージのフランクは、パンで恋人のブレンダと結ばれ(合体し)ホットドッグになる運命だと信じている。
ついに夢が叶う日が!
二人揃ってお客様がカートに!
しかしテンションMAXではしゃぐ二人を乗せたカートにアクシデントが発生し、スーパーマーケットに取り残されてしまう。
夢に破れ絶望するフランクとブレンダだが、実は命拾いしたことに気付く…なぜなら彼らは“食材"だからだ。
「食われてタマるか! 」 運命に逆らう彼らの闘いがはじまる!

<キャスト>
フランク:セス・ローゲン(小松史法)
ブレンダ:クリステン・ウィグ(園崎未恵)
カール:ジョナ・ヒル(最上嗣生)
火酒 他:ビル・ヘイダー(岩崎ひろし)
バリー:マイケル・セラ(林勇)
ドラッギー:ジェームズ・フランコ(佐藤せつじ)
ハニーマスタード:ダニー・マクブライド(烏田裕志)
グリッツ:クレイグ・ロビンソン(吉柳太士郎)
ダーレン:ポール・ラッド(稲垣拓哉)
ビデ男:ニック・クロール(乃村健次)
ラヴァシュ:デヴィッド・クラムホルツ(斎藤志郎)
サミー・ベーグル:エドワード・ノートン(多田野曜平)
テレサ:サルマ・ハエック(朴璐美)

<映像特典> (計 約34分)
★爆笑! 録音風景
★衝撃作が出来上がるまで
●収録裏話
★カットされたセリフ
●テーマ曲について
●売り込みの極意
セス・ローゲンの想像の館

★ブルーレイのみの収録

<ポイント>
■笑撃の全米大ヒット! 食材たちによる人間への逆襲を描いた全世界興行1億ドル突破の【R15】CGアニメーション!
食材たちに突き付けられる過酷な現実を描く本作は、その「過激」で「下品」な映像が災いし、日本では子供は観ちゃダメ=R15+指定
2016年夏にアメリカで公開すると、あれよあれよと世界興収1億ドル突破の大ヒットを記録!

■『きかんしゃトーマス』、『マダガスカル3』の監督や『美女と野獣』、『アラジン』の音楽担当など、何故かギンギンにイケてるSTAFF&CASTが大集結!
監督をコンラッド・ヴァーノン(『マダガスカル3』)とグレッグ・ティアナン(『きかんしゃトーマス』)が担当。
本来、子供の心をワシ掴みにできるハズの彼らが、セス・ローゲンの脚本を忠実に映像化。
さらに豪華声優陣はクリステン・ウィグジョナ・ヒルジェームズ・フランコエドワード・ノートンサルマ・ハエック…下品なコメディを得意とする面々が大集合!
なのに何故か! 音楽を担当するのは『美女と野獣』や『アラジン』など、数々のディズニー作品で名を知られアカデミー賞®受賞に輝くアラン・メンケンという絶妙?微妙?奇妙?なアニメーションがオトナの心をワシ掴みにする! 

広告を非表示にする

『魔術士オーフェンはぐれ旅 黒の聖域―草河遊也画集 』『アクションポーズ5000〈1〉基本ポーズ編』

 

 

 

アクションポーズ5000〈1〉基本ポーズ編

アクションポーズ5000〈1〉基本ポーズ編

 

 

広告を非表示にする

『キッズポーズ集 仲良し姉妹篇』

 

キッズポーズ集 仲良し姉妹篇

キッズポーズ集 仲良し姉妹篇

 

 

広告を非表示にする

『スーパーロボット大戦大事典』

 

 

 

スーパーロボット大戦大事典―電撃攻略王スペシャル

スーパーロボット大戦大事典―電撃攻略王スペシャル

 

 

広告を非表示にする

『世界の右翼』

 

世界の右翼

世界の右翼

 

 サンクスで。

広告を非表示にする

『忍者ゾンビ』

 

 

忍者ゾンビ [DVD]

忍者ゾンビ [DVD]

 

 

広告を非表示にする

『蜘蛛の巣城』

 

蜘蛛巣城[東宝DVD名作セレクション]

蜘蛛巣城[東宝DVD名作セレクション]

 

 

広告を非表示にする