映像画日記

絵と映画と読書 の記録

『平田弘史のお父さん物語 』

平田弘史のお父さん物語

 

 

 

 

 

1937(昭和12)年、東京板橋生まれ。少年時代は将来エンジニアになる夢を持ち、マンガとはまったく無縁で過ごす。1958年、設備会社に勤めていた21歳の時、偶然出会った中学時代の先輩にすすめられて一晩で描いたマンガが大阪の貸本マンガ出版社、日の丸文庫で採用となり、一夜にしてマンガ家に。以降貸本短編誌「魔像」を中心に作品を発表。

それまでの時代物にはなかったリアルで迫力ある筆致とストーリーでまたたく間に人気を得、時代劇画の第一人者となる。

60年代後半からは「コミックMagazine」(芳文社)を皮切りに一般劇画誌でも活躍。以後「少年キング」「増刊ヤングコミック」「漫画ゴラク」「ヤングマガジン」「アフタヌーン」他に作品を発表。封建社会の底辺で生きる名もない武士たちの有り様を一貫して描き、読者はもちろん、同業者、編集者の間にも熱狂的な支持者を多く得る。

海外での評価も高く、1978年に米サンディエゴで原画展を開催したのをはじめ、87年には米エクリプス社より日本の作家としては極めて稀な描き下し作品を出版。

 

 

  • コミック: 223ページ
  • 出版社: 青林工芸舎 (2005/1/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883791769
  • ISBN-13: 978-4883791767
  • 発売日: 2005/1/1
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 2.2 cm