映像画日記

絵と映画と読書 の記録

『未承認国家に行ってきた』『偉人たちのあんまりな死に方 ツタンカーメンからアインシュタインまで』

未承認国家に行ってきた


『未承認国家』という言葉を耳にしたことがあるだろうか?
これらの国は、どこの国にも承認されていないか、されていても、ごく一部の国にだけである。また、未承認国家同士で承認しあっている場合もあり、仮にAという“国"が主権国家と自ら宣言したとしても、国際的な国家承認を得られているとはいえない。
はたして現在の未承認国家はどうなっているのだろうか。
クリミア共和国や沿ドニエストル共和国と聞いても、まったくイメージが湧かないし、調べても情報は少ない。
だが、そこに住む人たちはどのように暮らし、国はどうなっているのか、興味は尽きない。
本書は5つの未承認国家を巡った旅行記である。

 

  • 単行本(ソフトカバー): 208ページ
  • 出版社: 彩図社 (2017/3/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4801302173
  • ISBN-13: 978-4801302174
  • 発売日: 2017/3/28
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 1.8 cm

偉人たちのあんまりな死に方: ツタンカーメンからアインシュタインまで (河出文庫)