映像画日記

絵と映画と読書 の記録

プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実

プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS?田延彦 20年目の真実

 

格闘技界の歴史が変わった一戦。
ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦戦から20年!
今だから明かせる真実に迫る!

1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。
ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。
リアルファイトである総合格闘技人気が爆発。
同時に、昭和の時代から定着していたプロレス人気が消滅した。

ヒクソン・髙田戦は、いかにして実現したのか?
●対戦の裏側には、何があったのか?
●そして、ヒクソンがこのときに決意したこととは?

プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る!

【著者プロフィール】
近藤隆夫(こんどう・たかお)
1967年、三重県松坂市生まれ。スポーツジャーナリスト。上智大学文学部在学中より『週刊ゴング』誌の記者として取材、執筆を行う。その後、『ゴング格闘技』編集長をはじめ、格闘技専門誌の編集長を歴任。91年から2年間、米国カリフォルニア州での生活を経て、スポーツジャーナリストとして独立。格闘技のほか、野球、陸上競技自転車競技など、幅広いフィールドで精力的に取材、執筆活動を展開している。著書に、『グレイシー一族の真実―すべては敬愛するエリオのために』(文春文庫PLUS)、『情熱のサイドスロー ~小林繁の真実~』(竹書房)、『ジャッキー・ロビンソン ―人種をのりこえたメジャーリーガー』(汐文社)、『忘れ難き ボクシング名勝負100 昭和編』(日刊スポーツ出版社) ほか。

 

ジョン・ミリアスUFCの金網を提案したのか

ホリオン・グレイシーが『スタスキー&ハッチ』や『リーサルウェポン』に出てたのも知らなかった

高田とかヒクソンに今まで全く興味なかったからなー