映像画日記

絵と映画と読書 の記録

『キット・キトリッジ アメリカン・ガール・ミステリー』(2008) 確か映画天国

キット・キトリッジ アメリカン・ガール・ミステリー [DVD]

 

 

 

パトリシア・ロゼマ監督

 

出演: ジョーン・キューザック, スタンリー・トゥッチ, アビゲイル・ブレスリン, ジュリア・オーモンド, クリス・オドネル

 

ジュリア・ロバーツ製作総指揮
アビゲイル・ブレスリン(『リトル・ミス・サンシャイン』)(2006年アカデミー助演女優賞ノミネート)主演!

大恐慌時代のアメリカ。不況の波は、9歳のキット・キトレッジにも押し寄せた。父親が失業し、職を探しに家を出たのだ。人気連作小説『アメリカン・ガール』の、シリーズ初となる劇場映画版。オスカー(R)ノミネート女優のアビゲイル・ブレスリンが、豪華キャストを率いて主役のキットを演じる。家を手放さないため、キットと母親は下宿人を受け入れることにする。ところがこのお金を払ってくれるお客様は、揃いも揃って個性的な人間ばかり。あるとき、家の全財産をしまった母親の鍵付きの箱が盗まれる。まっさきに疑われたのがキットの新しい友達、浮浪少年ウィル。ウィルを信じるキットは、仲間と一緒に真犯人捜しを始め、大騒動を引き起こす。警察は、犯人はこの家の住人の中にいるはずだという。ウィルの仕業でないとすれば、一体誰が?