映像画日記

絵と映画と読書 の記録

『メリダとおそろしの森 』

 

 

メリダとおそろしの森』(メリダとおそろしのもり、Brave)は、2012年に公開されたアメリカ合衆国コンピュータアニメーション3D映画

10世紀頃のスコットランドを舞台とする。ピクサー初のフェアリーテールであり、また初の女性が主人公の作品でもある[3]。これまでのピクサー作品よりも暗く大人向けの作品となる。

オープニングに登場するディズニークレジットのロゴから「walt」の表記が消え「disney」のみとなっている。また、本作のエンディングでは、2011年に死去したスティーブ・ジョブスへの追悼文が登場する。

第85回アカデミー賞では長編アニメ映画賞を受賞した。

ブレンダ・チャップマンは本作をハンス・クリスチャン・アンデルセングリム兄弟のような童話と考えている[4]。チャップマンはピクサー初の女性の監督であったが、2010年10月にマーク・アンドリュースに監督を交代した。チャップマンは製作上の対立により解雇されたものとみられている[5]

メリダ役には当初リース・ウィザースプーンが充てられていた[3]

監督 マーク・アンドリュース
ブレンダ・チャップマン
脚本 ブレンダ・チャップマン
アイリーン・メッキ
製作 キャサリン・サラフィアン
製作総指揮 ジョン・ラセター
ピート・ドクター
アンドリュー・スタントン
出演者 ケリー・マクドナルド
エマ・トンプソン
ビリー・コノリー
ケヴィン・マクキッド
クレイグ・ファーガソン
ロビー・コルトレーン
ジュリー・ウォルターズ
ジョン・ラッツェンバーガー
(日本語吹き替え版)
大島優子
山路和弘
塩田朋子
木村有里
内田直哉
天田益男
郷田ほづみ
音楽 パトリック・ドイル
撮影 ドン・バージェス
編集 ポール・ハーシュ
製作会社 ピクサー・アニメーション・スタジオ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年6月22日
日本の旗 2012年7月21日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $185,000,000[1]
興行収入 $538,983,207[1]
9億5000万円[2] 日本の旗
前作 カーズ2
次作 モンスターズ・ユニバーシティ

wiki