映像画日記

絵と映画と読書 の記録

レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳

 

レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳 [Blu-ray]

レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳 [Blu-ray]

 

 ドニー・イェンが21世紀に放つ、新たなる“ドラゴン伝説"が初ブルーレイ化!

◆“ドヤ顔の帝王 ドニー" はいつもアツいぜ!! 全編ガチのアクション武闘大作!
世界最速のカンフーアクション! 瞬殺のヌンチャク技! キメのドヤ顔──っ!
俳優・監督・製作・アクション監督など、アジアのみならずハリウッドでも活躍する世界に誇る大スター、 ドニー・イェン
ブルース・リー魂を由緒正しく受け継ぎ、ブルース・リージャッキー・チェンジェット・リーにつぐ“第4のアクション・スター"に。
◆あのブルース・リーが演じた最強のマーシャルアーツ・ヒーローがよみがえる!
名作『ドラゴン怒りの鉄拳』('71)でブルース・リーが演じた架空のマーシャルアーツ・ヒーロー“チェン・ジェン(陳真)"は、
実在の武術家フォ・ユァンジャの弟子という設定で、リーの死後も人気キャラの座を確立。
ジャッキー・チェンレッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳』('76)、ジェット・リー『フィスト・オブ・レジェンド/怒りの鉄拳』('94)等の映画、
ドニー・イェンのTVドラマ『精武門』('95)など、多くの人気アクションスターがこの役を熱演してきた、“スターの登竜門"的な役柄。
◆アジア初進出のAKIRA(EXILE)ほか、豪華スタッフ&キャストが集結
華麗なる新アクション・スター AKIRA(EXILE)、威風堂々な“和製ドラゴン"倉田 保昭ら、日本人勢も豪華に競演。
インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ監督、『トランスポーター』の国際派女優スー・チーらが参加。

【特典映像】
●メイキング
ドニー・イェン インタビュー
●日本版予告編
●オリジナル予告編

トーリー
1925年、上海。日本軍へのレジスタンス活動をおこなうチェン・ジェンは、要人が集まるナイトクラブ「カサブランカ」へ素性を隠して潜入し、怪しい動きを諜報していた。
そんな折り、日本軍は反日感情の強い中国人を暗殺すると発表。処刑者リストに載った人命を守るため、映画『仮面の戦士』の黒ずくめの衣装を身にまとったチェン・ジェンは、暗殺者たちを次々と倒していくのだった──

 、

“中国人不是東亜病夫(中国人はアジアの病人ではない)”という台詞は外せない

 

アンソニー・ウォンがここにも!

 

 

 

 

関連作品[編集]

広告を非表示にする