映像画日記

絵と映画と読書 の記録

夜と霧 Nuit et brouillard


マグノリア コレクターズ・エディション [DVD]

マグノリア コレクターズ・エディション [DVD]

姑獲鳥の夏 [DVD]

姑獲鳥の夏 [DVD]

スキャナー・ダークリー [Blu-ray]

スキャナー・ダークリー [Blu-ray]

夜と霧 [DVD]

夜と霧 [DVD]

カリガリ博士【淀川長治解説映像付き】 [DVD]

カリガリ博士【淀川長治解説映像付き】 [DVD]







現実とは我々が認識したところのものである。
人間は五感を通じて世界を認識するが、それを把握し自我に伝えるのはこの脳である。すなわち、我々にとっての現実は脳の中にしかない。感覚の認識が狂えば、あるいは脳がそれを統合することができなければ、世界はまったく違うものになるだろう。
こうした認識論的テーマはSFの一分野として根強い人気をたもっている。SFファンにとって、この現実ではない「もうひとつの現実」ほど魅力的なものはないからだ。

現実を書き換えたければ、自分の頭を変えればいい。たとえばドラッグだ。
ドラッグによる現実変容は、主観的には世界の変化と変わりない。フィリップ・K・ディックはドラッグによる世界変容を描いた。
スキャナー・ダークリー(06年)では登場人物の誰ひとり、ドラッグによる幻覚と現実の区別がつかない。あるいはそんな区別などもともと存在しないのかもしれない。すべては幻覚、あるいは脳内現実なのだ(抜粋)。


文/柳下毅一郎  「映画秘宝」2007年7月号、「21世紀SF映画コレクション100」。
 

映画秘宝 2011年 07月号 [雑誌]

映画秘宝 2011年 07月号 [雑誌]

広告を非表示にする