映像画日記

絵と映画と読書 の記録

きみは『ストレッチマンV』をみたか?


ストレッチマンVを初めて観た。カッコいい。


車椅子の歌手、森圭一郎や お笑い芸人 ちゅうえい(流れ星)、人気子役はるかぜちゃん他、プロダンサーのISOPP、アクション俳優の谷口洋行が出演している。



ストレッチマンV 出演者紹介
http://www.nhk.or.jp/tokushi/sman5/teacher/2013_016_02_shidou.html



車いすキャスター・長崎圭子のブログ
ストレッチマンV(ファイブ)森圭一郎さんの応援よろしくです!」
http://ameblo.jp/nagasaki-keiko/entry-11506527334.html






ファレリー兄弟の話。


[シネマトゥデイ映画ニュース]ファレリー兄妹 インタヴュー

「下ネタ批判にとどまらず、自作で多用される動物ネタや人種および障害者ジョークについても、賛否両論あるファレリー兄弟だが、ボビー監督の主張は明確だ。
「映画に出演してもらっていることもあって、僕たちには、障害を抱えた友だちがたくさんいるんだ。彼らは自分たちが映画から完全に排除されていること。または登場しても“味気のないイイ人”といった平面的な形でしか描かれないことに不満を持っている。そこには本来あるはずの人間らしさが、まったくないからね」
http://www.cinematoday.jp/page/N0016058







D






ストレッチマン

『グルグルパックン』の一コーナーとして、1994年の同番組放送開始と共に始まった。

1999年からの『ストレッチマン』、2002年『ストレッチマン2』、2010年『ストレッチマン・ハイパー』となり、

2013年4月から新シリーズ『ストレッチマンV(ファイブ)」が開始。

19年間出演した宇仁菅真は降板し、新たに5人のストレッチマンが登場する。

この『ストレッチマンV』から番組制作は、NHK大阪放送局から東京に移管している。





「ストレッチパワーが、ココに、貯まってきただろう!」

広告を非表示にする